保育所離れする保育士

昨今話題になっているのは、保育園に入れない子どもがいる待機児童問題です。待機児童問題は、いくつかの原因が混ざり合って生まれた問題になります。特に、保育所と保育士の不足は、深刻な事態を招いていると言っても過言ではありません。

保育所に子どもを預けたいというニーズに対して、保育所は数が少なすぎるため、都心では保育所の整備が必要です。そこで保育士を増員したいところですが、現時点で保育士求人は余るほどあるのです。ただでさえ少ないと言われている保育所なのに、今後増設が進んだら、働く人はいるのでしょうか。ここまで保育士が不足しているのは、待遇面の問題が大きいと言われています。給料や労働時間等の労働環境が良くないため、保育士はどんどん職を離れていってしまうのです。そうなると、派遣社員の求人も増加しますが、派遣社員でも正社員同様の仕事量を任せられ、結局安月給のまま労働内容は過酷になります。このような悪循環から、保育士の人手不足は生まれるのです。

保育士は、保育所だけが仕事場ではありません。今では、託児所やベビーシッター、児童養護施設など、多様な職場があります。そのような場所の方が待遇が良かったり、ライフスタイルに合わせた働き方ができたりと、非常に人気が高まっているのです。このようなことから、保育士は保育所を離れて活躍するようになっています。そのような現状を知るため、当サイトでは、より詳しく保育士不足の原因をご紹介。保育所と保育士の実態を考えるきっかけになれば幸いです。


◆ 保育士関連おすすめサイト ◆
保育士の仕事を辞めてしまった人のなかには、もう一度保育士として働き始めたいと考えている方もいるかと思います。そのような方は、保育士求人サイトを活用してみてはいかがでしょうか。就職サポートを行っているコンサルタントの方と相談しながら、自分に合った職場を見つけることができるでしょう >> 保育士 求人